インプラント治療

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。

そのため、今までは『義歯(入れ歯)』『ブリッジ』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。
しかし、『義歯(入れ歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方にご提供することができる、最新歯科医療の治療方法『インプラント治療(人工歯根)』です。

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラント(implant)とは、“植え込む”という意味の英語です。
インプラントの仕組みは、歯を失ってポッカリ穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる金属製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を被せるしくみです。
顎の骨にしっかりとインプラント体を固定する事により、浮かない・ずれない・しっかりとした噛み心地を実現する事が出来ます。

お悩みの解決法

お悩みの解決法

インプラントはただ単に骨に埋められているだけではなく、インプラントの素材であるチタンが表面を覆っている酸素の膜を通して顎の骨と直接結合します。
チタンは生体組織に良く適合します。
骨としっかり結合し、歯肉と密着固定したインプラントは、上部につける修復歯のしっかりとした土台となります。

歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を削ることなく治療を行うことが出来ます。
歯を何本か失った場合
従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感がなくなります。
歯をすべて失った場合
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。
この方法なら食物が入れ歯と歯茎の間にはさまったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

インプラント治療では、皆さんのお口の状態により正しい治療方法を選択し、皆さんのお悩みを解決しニーズにお応えします。

インプラントの治療では

皆さんにとって、安心の治療・満足のいく治療を行える環境をそろえております。

補助手術
インプラントをするためには、顎の骨の幅や量が必要となります。顎の骨の幅や量がない方でも、補助手術をすることによってインプラントが可能になります。
専門医
インプラントの専門医が診断し、治療計画についてご説明いたします。手術は専門医と専門のスタッフによるチームで行われます。

インプラント治療の流れ

リラックスした状態で治療を受けていただけます

インプラントの手術に対し恐怖心の強い方には、静脈内鎮静法を施します。
点滴をして静脈内に鎮静剤を投与することにより、術中の恐怖心がなくなりリラックスした状態で手術を受けていただけます。
全身麻酔とは違い意識はありますが、時間の感覚がなくなり数時間かかる手術もとても早く終了したように感じ、不快感がありません。

インプラント治療の流れ

診査・治療計画
インプラントについてご質問いただいたり、治療についてご相談いたします。必要な検査を行って、インプラント治療が可能かどうか診断いたします。インプラント治療をする上で補助的な手術が必要になる場合もあります。
治療では、どのように進めていくかご説明いたします。
補助手術
補助手術が必要な場合は一次手術の前や一次手術と同時に行います。
一次手術
歯の根に相当する部分インプラントを顎の骨に埋入する手術を行います。
治癒期間 (1.5ヶ月〜3ヶ月)
インプラントが骨としっかり結合されるまで、1.5ヶ月〜3ヶ月待ちます。この間必要に応じて仮歯を入れます。
ニ次手術
歯肉に埋まっているインプラントの頭を出すために少し切開します。
約1週間〜2週間後、歯の土台となるアバットメントを装着します。
型採り
上部につける歯を製作するための型を採ります。
完成
上部の歯を装着します。
メインテナンス
インプラントを長持ちさせるためには、適切なホ−ムケアと定期検診が必要です。
定期検診の期間は患者さんのお口の中の状況によってなります。メインテナンスがとても大切です。

専門医のご紹介

インプラント専門医:代田 達夫(シロタ タツオ)

経歴
昭和大学歯学部口腔外科学講座 顎顔面口腔外科学部門 教授
歯学博士
専門医等
日本口腔外科学会 指導医
日本口腔外科学会 専門医
日本顎顔面インプラント学会 指導医
日本がん治療認定機構 認定医(歯科口腔外科)
日本がん治療認定機構 暫定教育医(歯科口腔外科)
日本歯科薬物療法学会 臨床治験担当者
更生医療担当医師

学会役職
日本口腔外科学会 代議員
日本口腔インプラント学会 代議員
日本口腔科学会 評議員
日本デジタル歯学会 評議員
所属学会
日本口腔科学会
日本口腔外科学会
日本歯科薬物療法学会
日本口蓋裂学会
日本顎変形症学会
日本頭頸部癌学会
日本口腔腫瘍学会
日本顎顔面インプラント学会

▲このページのトップへ